忍者ブログ
猫まっしぐら。投瓶通信です。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

180 south
渋谷シネクイントにて見ました!とってもいい映画でした!


この映画は、パタゴニアとノースフェイスの創業者の2人がかつて登ったコルコバド山に憧れて、1人の若者が目指すっていう映画です。

そのなかでパタゴニア創始者のイヴォンがいう「山頂に登ったからといってなにがあるわけではない」っていう言葉が心に残った。

んで、イヴォンはこう続ける。「聖杯を探すようにその過程が大事なのだ」この言葉は旅や冒険の本質を表しているなーと思った。確かに山頂に着いても(景色がきれい、とかは確かにあるかもだけど)取り立てて何があるわけではないよね。それよりも、そこに向かうまでの様々な障害を乗り越える体験や、自分の肉体や精神と語らう体験がこそが大事で、挑戦することの過程こそが冒険のすばらしさなんだなーと感じた。

これは冒険とか旅行に限らず何でもそうかもしれないけど、「○○にいった。××をした。」っていう事実とか外聞が重要なんじゃないよね。それよりもその過程で「〜〜に挑戦してこんなことを感じた。」とか「△△なことに感動してこんなことを考えた。」っていう経験こそが自分の血となり肉となる、って感じました。

また、この思想は言葉だけじゃなく、このドキュメンタリー全体を持ってしても描かれます。これは以下ネタバレですけど、この主人公のジェフは目的の山に登れないんだよね。正確には、山頂まであと少しっていうところで、引き返してしまう。

引き返しちゃうことは確かにジェフにはすごく残念だと思う。でもジェフにとっては10年越しの憧れの山にその憧れの原因となった人とともにチャレンジできたっていうこと、またその途中で出会った様々な困難を克服すること、自然と触れて環境問題に考えること、すべてをひっくるめてこの冒険はすごく貴重な経験だったんじゃないかなーって思いました。

絶対成功する冒険なんてあり得ないし(もしあったとしたらそれは冒険じゃないよね)、失敗する可能性、挑戦して命を落とす可能性、あきらめざるを得ない可能性があることにチャレンジすること。そしてそのチャレンジの過程で得られるさまざまな経験こそが「冒険」なんだなーと(あきらめることが描かれることによって逆に)強く思った。

(そのまえにカフェで友達と話していた、形に残らない喜び、っていう話とも関連して、ここは本当にいろんなイメージがわいてきました)

そして、現代の冒険はそのような挑戦になってないとイヴォンは言う。「今は冒険という言葉が安売りされている」と彼は述べる。ここでは「大金を払ってシェルパを雇い、彼らの引いたロープで挑む」って形でエベレスト登山が批判されていた。イヴォンは「本当の冒険とは未知なものに挑む態度のことだ」って述べていました。

僕はこの「未知なるものに挑む態度」っていう言葉はなにも冒険に限らないし、そしてそれは現代に生きる我々にすべからく足りないものなんじゃないかなー、と解釈した。

この映画でも、環境問題を論じる途中で「都市の人々はイヤフォンを耳に突っ込んで自分に閉じこもる」っていう言葉が出てくるんだけど、そのような行為に象徴されるように私たちは生活から「不確かなもの、意味の分からないもの、裏切るかもしれないもの」を追い出そうとしてるんじゃないかな。そのようなノイズを自分の生活からなるべく遠ざけて、いわば完成された予定調和に我々は過ごしてしまっているんじゃないかと思った。

話が広がるけれど、小説や映画、音楽など様々な表現において、現代では「未知なるもの」が排除されている傾向が強いのではないかなーと感じました。詳しくは長くなるから省くけど、巷にあふれるさまざまな表現は1から10まで懇切丁寧に説明し過ぎだと僕は思う。様々な解釈がなされうるような、いわば「余白」のある表現が現在は少なくなっているんじゃないかなあ。そのような表現が求められている時代なのかもしれないけれど。。

最後にイヴォンが言う「ナチュラルに生きる」とは。この映画では環境問題の文脈で説明されていた。しかし僕はもっと大きな解釈として、「未知なるもの」を追い出すことなく、自分と異質なものを恐れることなく共存すること。それが「ナチュラルに生きる」ってことだと解釈しました。




ともかく、映像美はいわずもがな、単なるドキュメンタリーにとどまらず様々なイメージを喚起するとってもいい映画でした!
PR
COMMENT
Name:
Title:
URL:
Message:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Pass:

TRACKBACK
この記事にトラックバックする
| prev | top | next |
| 18 | 17 | 16 | 13 | 12 | 11 | 8 | 7 | 6 | 5 |
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[02/09 8tsuzuka]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ  [PR]
  /  Design by Lenny