忍者ブログ
猫まっしぐら。投瓶通信です。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

月に囚われた男
恵比寿にて。めっちゃ面白かったです!

まずは物語のアイデア勝ちかな?古い方のサムが事故にあったときと、新しい方のサムが目覚めるときを観客を混乱させるように描いているのは「やられたー!」と思った!他にも、救助隊の到着っていうタイムリミットをもうけて物語に緊迫感を出しているところもうまいと思いました。

印象的な描写はガーティ(お手伝いロボットみたいなやつ)に関してが多かったなあ。ガーティには小さめのウインドウがついてて、顔文字?ニコちゃんマーク的なのがそこに表示されることで表情(の代わり)をしている描写が心に残った。

そのウインドウの絵文字自体はとってもチープなんだけど、それとは別に多くを物語っているように感じたのがガーティについているカメラの動きだった。ガーティは本社から派遣されたロボットだからもちろん基本的には、クローンのことなど不都合な真実は隠すように話す。でも、ずっと一緒に過ごしているサムに親密な感情を抱いているようでもあって、その葛藤がガーティのカメラを通して表されているように感じた。具体的には、カメラの焦点を合わせるような動作音がして会話の間が開いているような描写が、「ロボットが迷っている」っていう難しい状況をうまく表していたと思う。

あと印象に残ったのは、地球に脱出するサムに向かって「覚えている通りの地球だといいね」っていうガーティの言葉。「移植された記憶」を持つサムにとって、地球は断然した存在であり、うまく言えないけど、サムのこれからの波瀾万丈を予言しているような言葉であると感じた。

また、ラストの「こんなやつ不法移民かホームレスに決まってる!」っていうせりふもなんだか引っかかった。地球に戻って会社を告発して、っていうこれからの展開も決して簡単じゃないっていうことを示したせりふだったのかなあ。



引っかかってるだけでうまく表現できないところも多いけど、純粋に物語としても楽しめる、とってもいい映画でした。アマゾンで検索したらデビッドボウイ主演の映画とバーターでDVDが売られているので、それを買って見返してみてもいいと思うくらい楽しめました。
PR
COMMENT
Name:
Title:
URL:
Message:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Pass:

TRACKBACK
この記事にトラックバックする
| prev | top | next |
| 18 | 17 | 16 | 13 | 12 | 11 | 8 | 7 | 6 |
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[02/09 8tsuzuka]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ  [PR]
  /  Design by Lenny