忍者ブログ
猫まっしぐら。投瓶通信です。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

借り物とこれから
最近、借り物のことばしか吐いてない気がする。

例えば。
今日「トゥルーマンショー」という映画を見ました。で、「空中キャンプ」(名ブログ!)に書いてあったし、影響受けてなんか感想書こうかなーと思ったわけですよ。てか、実際書いたんだけど、「なんかなあ・・・」と思ってお蔵入りにしてます。なんかしっくりこないというか、自分の書きたいことじゃなかったんだよね。最近は一事が万事この調子で、何か書こうとしたりしゃべろうとしたり、とにかく表現したりしようとするとしっくりこないことが多い。

これはなんでかなーと思ったところ、冒頭の通り「借り物のことば」が俺を浸食しているからじゃないかな、と。

なんか、自分でいうのもすごくアレな話ですけど。おれってけっこういろんな本読んでると思うんスよ。大澤真幸とかほとんど読んだしさ、浅田彰とかジジェクとか?読んでるし?なかなかいい感じだと思うんスよ(照)

でも、なんかそういう哲学的な観点とか、レトリックとか、そういうものにいっぱいふれすぎたせいで、「せいで」っていうのもおかしいけど、自分の心からほんとうににじみ出るような気持ちをうまく表現できてない気がするなあ。

例えば。また「トゥルーマンショー」の話ですけど。映画を見て最初に思ったのは「ああ、この主人公は自然の人工性を暴こうとしているなあ。ん?これってマルクスのイデオロギー批判といっしょだよな。でも今の社会は<心理学化><社会学化>していてそういう潮流とは違うのかなあ」とか小難しいこと考えてました。

そういう哲学的なことと、自分の考えを高い次元でコネコネして自分の考えをうまく表現できる人ならいいけど、少なくとも俺はそうじゃないなあ。むしろそういう考えに引っ張られて、自分のほんとうに思っていることが曇ってしまっているような印象がありました。

だから、これからは小説、映画、音楽とかいろいろな表現に接しても、今ある自分の知識に簡単に当てはめて安易な方法に逃げるのではなくて、もっと自分の考えとか感情にまっすぐ向かい合ってみようと思いました。

意味が分からなかったり、理解できなかったり、裏切られることを恐れずに、物語にぶつかっていきたいと思います。

また、なるべく素直に、自分の感じたことも表していけたらと思う。今まではそれこそ哲学的なフレームワークに安易に頼ることで、一見変わっているっぽいことを書いていたけど、それももうやめだぜ!語彙が少なくても、貧しいことしかかけなくても、これからは自分の心を反映しているのが一番!
PR
COMMENT
Name:
Title:
URL:
Message:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Pass:

TRACKBACK
この記事にトラックバックする
| prev | top | next |
| 18 | 17 | 16 | 13 | 12 | 11 | 8 | 7 | 6 | 5 | 4 |
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[02/09 8tsuzuka]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ  [PR]
  /  Design by Lenny